2011年05月11日


NP2 をiPhoneに移植してみる(1)

そんな訳で、iPhoneにNP2でも移植してみようと思います。

NP2というのはNeko Project IIという往年のNEC製パソコン PC-9801のエミュレータです。念のため。

そうは言ってもひっそりぃはiPhone向けアプリの開発なんぞやったことはありませんので、七転び八起きというか七転八倒しながら手探りの状態で開発を進めていくことになりますので、まぁのんびりと見守っていただければ。

もちろんPSPの方も開発をやめた訳ではないのであしからず。Dingoo A320はもう開発しないと思われ...

まずは「ひっそりぃ.com | iPhoneソフト開発に向け、XcodeをインストールしSDLを試してみた」にてMacにXcodeのインストールとSDLを動かすところまでは試してみました。

その後、とりあえずXcodeのIDE環境にNP2のソースをぶち込んでみていろいろ格闘していた訳ですが、なぜかうまくソースが登録できなかったり、コンパイルされないファイルがあったり、それをぷちぷちとマウスでクリックしてコンパイルできるようにしたり、うがー、どうもグラフィカルなIDE環境はひっそりぃには合わないようです。
スクラッチからプログラムを作成する場合には、IDE環境は良いかもしれませんが、すでにMakefileにより管理されているプログラムを移すのには適していないかもしれません。

そこで、IDE環境から離れて、MakefileをXcodeとiPhone SDKを使う様に変更することにします。もちろんiPhoneシミュレータを含めたXcodeのデバッグ環境は利用したいですね。

ただ、ググってみてもあまり参考となる資料がなく、文字通り手探り状態ないばらの道な気がしないでもないですが、まぁそれはそれ。

まずはXcode環境で既存プログラムをビルドして、そのログや設定ファイル等を眺めて参考となるものがないか試してみましょう。
とりあえず知りたいのは、コンパイラ、リンカの実体、そしてコンパイル、リンク時のオプションといったところでしょうか。
これらは、iPhoneシミュレータ用、iPhoneデバイス用それぞれの場合でどう変わるか、またDebug/Retailの設定でどう変わるかも見てみます。
続きを読む
posted by ひっそりぃ at 2011/05/11 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。